Rock Steady Crew ロックステディクルー


Rock Steady Crew (1) 1983 JAPAN TV
1983年、映画「ワイルドスタイル」のジャパンツアーで来日したロックステディクルー。
この映像はNHKで放映された。
このときのドズのアップロックはまさに教科書である。


Rock Steady Crew (2) 1983 JAPAN TV
これは「笑っていいとも」です。1983年
ロックステディとバトルした羽賀賢二はたいしたものだ。
ドズがなにか落としているのは気付きましたか?(タバコか?)
しかしタモリさんは、いいな~。
タモリさん、はこの他にタモリ倶楽部でもロックステディと共演しているのである。


Rock Steady Crew (3) 1983 JAPAN TV
1983年タモリ倶楽部出演。
クレイジーレッグスのコメントが最高です。
このときのレッグスのコメントが、後のb-boyのコメントの基礎となったのです。
タモリ:「普通のダンススタジオなんかで練習したりするんですかね?」
レッグス:「ノー、ベッドルーム」
タモリ:「首は大丈夫ですか?」
レッグス:「ヘビーストロング」
ブレイキングでもお手本になったRock Steadyですが、コメントの仕方でも大変勉強になったのでした。
当時のb-boyは何か聞かれると必ず、「ベッドルーム」「ヘビーストロング」と答えたのである。


Rock Steady Crew (4) HEY YOU video clip
『Hey You』のvideo clip。もうこの曲大好きです。ホコ天でよく真似しました。
オズロックがうれしそうに出てきますね。
やはりバッキーとクリアキの二人は仲良しですね。(トレーナーも同じだし。)
このvideo clipは数え切れないくらい見ました。もう右脳に焼きついてます。


Rock Steady Crew (5) UP ROCK video clip
『UP ROCK』のvideo clip。
ソロでブレイキングしながらラップするシーンがありますがいいですね~。
レッグスが走っているときの足がものすごく内股なのだ。
しかしこの衣裳はなんなんだろう。宇宙にでもいくのだろうか?
ダイエットスーツなのか?
とりあえずよく似合っているのだが・・・。


Rock Steady Crew (6) HEY YOU tv version
『HEY YOU』のTVバージョン。
イモジャージ最高!。レッグスのストマックがなんかいやらしいです。
レッグスの中に着ている黒シャツは、Tシャツではなくタンクトップであることはまちがいない。


Rock Steady Crew (7) UP ROCK tv version
『UP ROCK』のTV版。
またまたドズのアップロックが切れまくっている!。とにかくドズの動きがいい。
そしてメンバーみなテンションが高い。
しかし見ているおっさんたちは、それほど驚いていないのだ。


Rock Steady Crew (8) New York City’s
この動画の画質のよさは自慢できます。私の超自慢できるコレクションです。
RSC動画の中でこの映像が一番好きですね。レッグスのMCは当時よくマネしました。
今でもできます。「ドワナシーロックステディクルーブレイクダンスナワッ!ビデオインデインデナワッ!ドンデューイッ、オンテレニュ、インコンベニュ、ストラカマッチョンランチョンユ!ユノ、ユノニードップライ?
レミヒッセーロックステディ!(ロックステディ)セイロックステディ!(ロックステディ)ロックステディラッタハウショナウ」
すごいでしょwww


ROCK STEADY CREW(10) 1983 JAPAN TV KURIAKI&BUCK 4
1983年に映画ワイルドスタイルが上映されました。
そのプロモーションで来日したときの映像です。
11PMにクリアキ、バックフォア、ファブファイブフレディがゲストで出演してます。
1980年代、このときの藤本義一のしゃべりが大流行しました。
「このバックフォアってなんすか?」
「まちのあんちゃん、それとも役者さん?」
いや~懐かしい~www。
最高です。
ちょっと、マニアックすぎかな・・・
分かる人はほとんどいないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">